ビタミンCでシミは消える?ビタミンCに美白効果はあるの?

毎日のスキンケア。なんの対策をメインにスキンケアをしていますか?
乾燥対策やエイジングケアだったり人によって目的は違いますよね。

特にシミなどの美白ケアに重点を置いてスキンケアをしている人が多いのではないでしょうか。

美白ケアに有効といわれていて、特に有名なのは《 ビタミンC 》
美容フードとも言われていて、ビタミンCが多いフルーツを使ったデトックスウォーターなんかも人気です。

今回はビタミンCと美白の関係について紹介していきます。

本当にビタミンCに美白の効果はあるの?

ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンの1つで、コラーゲンの合成に関係する重要な成分です。
でもビタミンCは人間の体では作ることができないので、食事などからとらなくてはなりません。

そんなビタミンCには体にいい効果がたくさん!
その中でも美白に関係するのは4つあります。

・紫外線からお肌を守る
・シミの改善
・お肌のキメを整える
・ニキビ改善

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

▼ 紫外線からお肌を守る

紫外線に当たるともちろん「日焼け」してしまいますよね。
紫外線の刺激によりメラニンが作られお肌が黒く…。日に当たりすぎるとシミをつくる原因になってしまいます。

だから紫外線は美白の敵!なんて思う方も多いのでは?。

ビタミンCにはそんな日焼け・シミの原因になるメラニンを作らせにくくする作用があります。
(正確には、メラニンの生成にかかわるチロシナーゼという酵素の働きを阻害してくれます。)

 

▼ できてしまったシミの改善

ビタミンCはできてしまっているシミにも◎

一度できてしまった黒色メラニン(シミの原因…!)を、無色の還元型メラニンという成分に変化させる働きがあります。
黒いメラニンから無色のメラニンに変化していくので、だんだんとシミが目立たなくなるんです。

ただし効果は徐々に、なので濃いシミにはなかなか効果が見られないこともあります。

 

▼ お肌のキメを整える

お肌のキメが乱れていると、肌がくすんで見えてしまいます。
美白で求めるのは透明感なのに、くすんでいたらだめですよね。

お肌のキメの乱れはターンオーバーの乱れ。コラーゲンが上手く作られていないことに原因があります。
ビタミンCはコラーゲンの生成にかかわる成分なので、ビタミンCを取ることでターンオーバーが整いお肌のキメも整います

お肌のキメが整うと毛穴も目立たなくなりますよ(^^)/

 

▼ ニキビの改善

ビタミンCには抗酸化作用があり、ニキビの炎症を抑えてくれる効果があります。
またメラニンの生成が抑えられるので、ニキビ後の色素沈着を予防することも◎

ニキビの原因の一つでもある皮脂の分泌を適切にコントロールしてくれるので、ニキビ予防にもつながります。

 

ビタミンC=肌を白くするは間違い?

こんなにたくさんの美白効果があるビタミンCですが、飲んだり塗ったりしているからといって肌が白くなるというわけではありません。

ビタミンCの持つ美白効果は、あくまで自分自身が本来持つ肌の色を美しく見せてくれるというもの。
もともとが日本人らしい肌の白さなのに、ビタミンCを取ったら白人のように白い肌になると思うのは間違いです。

シミやくすみをなくしてキメの整ったお肌にすることで、肌に透明感を出し美白に見せてくれるのがビタミンCの本当の作用です。

 

ビタミンCで透明感のある肌に!

ビタミンCの美白効果はしっかりわかりましたでしょうか?
本来のお肌をきれいに見せてくれるビタミンCの効果をしっかり知ることで、スキンケアにもより効果的に取り入れられるのではないかと思います。

ビタミンCのもつ美肌作用は美白だけでなく、アンチエイジングや毛穴ケアにも◎
肌の悩みがたくさんあってどうしたらいいかわからない…そんな方にも広く美肌をサポートしてくれる成分になっています。

普段の食事やスキンケアに積極的にビタミンCを取り入れてみてはいかがでしょうか。