ハイドロキノンの美白効果でシミを消す?副作用はある?

すっぴんになるとシミが気になる…なんて方もいるのではないでしょうか?

シミは顔の目立つ頬っぺたにできやすいし、メイクするときにもコンシーラー必須になっちゃいますよね。

しかもどんなにいいスキンケアをしていてもできてしまったシミはなかなか消えない!
高い美容液使っても意味なかったなんて経験もありませんか?

この記事ではシミにいい!と噂の成分《 ハイドロキノン 》について紹介していきます。

シミが消える?ハイドロキノンの効果

《 ハイドロキノン 》という成分は美容に詳しい方なら、知っている人も多いのではないでしょうか。

シミを消す方法と調べると大体出てくる成分がこの「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは、皮膚科でシミなど色素沈着の治療に使われている薬。
海外では昔から使われていたシミの治療薬として有名です。

ハイドロキノンには、シミの原因!メラニン色素の生成を抑制する効果と、メラニン色素を作る細胞の働きを止めて、減少させる効果があります。

メラニン色素の生成を抑制することで、これから作られるシミの予防に。
細胞の働きを止める・減少させることで、できてしまったシミを薄くすることができます。

つまりシミ予防・できてしまったシミ対策ができるのがハイドロキノン(^^)/

この効果からハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

ハイドロキノンのデメリット

美白効果が高いハイドロキノンですが、注意しなくてはならないデメリットもあります。

肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンは、「漂白剤」の名前の通りすこし刺激が強め
美白効果が高い分、使い方を間違えると肌トラブルに…

肌に赤みが出る・皮ふがむけてしまう…といった副作用がでてしまうことがあります。
そのため、高濃度のハイドロキノンを使用するには医師の診断が必要。
薬の使用方法や効果と副作用についてしっかり医師の説明を受けてから使用するようにしましょう。

▼ ハイドロキノンで白斑?

少し前には美白化粧品で白斑ができてしまった…という事件が問題になりましたよね。

美白効果が高いハイドロキノン。当然白斑も心配になります。

ハイドロキノンでも白斑トラブルを引き起こしてしまうのは「ハイドロキノンベンジルエーテル」と呼ばれる成分で、一般のハイドロキノンとはまた別の成分なので安心してください。

また日本で使用されているハイドロキノン製品は配合率の基準が、刺激が少ない2%以下になっています。
使い続けても問題ない量なので、日々のスキンケアとして使用しても◎

ただし海外では配合率が高いものもあるので、個人輸入でハイドロキノンを使うといったことはやめたほうがいいでしょう。

ハイドロキノンはシミに効果あり!

ハイドロキノンは皮膚科でもシミや色素沈着の治療薬として使用されている、美白効果が高い成分です。

シミの元:メラニン色素を作る細胞に作用して、これからできるシミやできてしまったシミに効果あり◎
ただ美白効果が高いぶん副作用もあって、肌トラブルになってしまうケースも…

また、ハイドロキノンにも種類があって白斑トラブルを引き起こしてしまうものもあるので、美白にハイドロキノンを使いたい!という時はしっかり信頼できるアイテムを使うようにしましょう(^^)/