大人ニキビは原因を知らないと治らない?スキンケアで対策できる?

肌荒れと聞いて一番に思い浮かぶのは、ぽつぽつできるニキビですよね。
なんだかお肌が痛い…と思っていたら、いつの間にかニキビになっていたなんて経験をした方も少なくないはず。

ぷっくら膨らんでしまうので、メイクでも隠せなかったり厄介ですよね。

今回は知っているようで実は知らないことも多いかも?そんな大人ニキビのお話です。

 

女性の敵?大人ニキビの特徴は?

女性も男性も10代の思春期になってからニキビに悩まされる人生がスタートすると思います。
(きっと人生で一度もニキビができない!なんて人はいませんからね)

多かれ少なかれ程度は違えど、だれでもニキビの悩みを抱えていることでしょう。
特に女性は生理前ににきびができやすかったり、大事な日の前に限って目立つところに隠せないニキビができるという経験ありますよね。

そんなニキビですが、
・生理前になるとできやすい。
・口や顎、Uゾーン周りにできやすい。
・ぽつぽつ繰り返しできる。
・一度できると治りにくい。

というのは大人ニキビの特徴です。

その他にもストレスがかかったり睡眠不足が続いた・食生活が乱れが続いた、そんなタイミングでできやすくなるのも大人ニキビの特徴ですね!

 

しつこい大人ニキビの原因はこれ!

大人ニキビができやすい場所は口や顎などUゾーン周り。
でもUゾーン周りって、Tゾーンと違って誰でも乾燥しやすい部位だったりします。
皮脂が多いわけではないのに、なぜニキビができてしまうのか?大人ニキビの原因っていったい何なのでしょうか?

実は大人ニキビの原因は《 乾燥と古い角質がたまってしまうこと 》

肌は乾燥するとごわごわ硬くなってしまいます。
そこに加齢やストレスによるターンオーバーの乱れが加わると、硬くなった角質が排出されなくなり毛穴をふさいでしまうことに…。
毛穴が塞がれてしまうと、皮脂が毛穴に閉じ込められアクネ菌が増殖。大人ニキビが完成します。

大人ニキビの一因を担うターンオーバーの乱れは、女性ホルモンの乱れや栄養バランスの乱れ、冷え性やたばこによる血行不良・ダイエットなどにも左右されています。

大人ニキビの特徴とも一致しますよね。

 

▼ 思春期ニキビとどう違う?

そんな大人ニキビですが、思春期ニキビとはどう違うのか知っていますか?
大人ニキビの原因が分かったあなたはなんとなく気づいていますよね。

思春期ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうこと

成長ホルモンの影響で皮脂腺(皮脂を出す器官)が刺激されることで、多くの皮脂が分泌されます。
すると毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビに。

乾燥が原因になる大人ニキビと違い、皮脂の過剰が原因なのが思春期ニキビです。

 

スキンケアでできる!大人ニキビの対策は?

大人ニキビの原因が分かったところで、今度は対策です。
思春期ニキビと同じように大人ニキビの対策をするのは絶対にNG!

皮脂をなくす思春期ニキビの対策をしていると肌の乾燥が加速して、大人ニキビは治るどころかひどくなってしまうことも。

だからと言って保湿ばかりに目を向けていても×。大人ニキビ対策のポイントは、乾燥対策とターンオーバーを整えることです。
どちらかだけではなく、この2つの対策をすることがベスト!

▽ 乾燥対策

乾燥肌の対策では、皮脂を落としすぎない優しい洗顔としっかりとした保湿が大切
大人ニキビができやすい部分はごしごしこすりすぎないように注意しながら、もこもこの泡で優しく洗うようにしましょう。
化粧水や乳液でケアをするときは低刺激でお肌に合ったものを使うと◎

▽ ターンオーバーを整える

食生活などの環境を整えて体の中からターオーバーを整えることが最重要。ですが、適度なピーリングをして古い角質をとるのも◎です。
酵素洗顔や炭酸パックなど肌への刺激が少ないものを、使用頻度を守って使いましょう。
擦るタイプのピーリング剤は肌への負担が大きいのでNG。
(ピーリング剤の使いすぎは角質をとりすぎてしまい、ビニール肌など違う肌トラブルの原因にもなるので過剰使用はしないようにしてください。)

 

保湿と整ったターンオーバーが大人ニキビを作らせない対策に一番効果的です。
大人ニキビに悩んでいる人は、スキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。