よく聞くビタミンC誘導体って何?ピュアビタミンCと何が違うの?

最近は美白のスキンケアが流行ですよね。
流行りのリプライセルなんかでビタミンCを摂り入れている方も多いのでは?

美白といえばビタミンC配合のコスメ!ですよね。
(もちろんほかの成分のものもありますが、よく見かけるのはビタミンCだと思っています…)

でもコスメには《 ビタミンC誘導体配合 》って書いてありませんか?
ビタミンCとビタミンC誘導体って違うもの?何が違うの?今回はビタミンC誘導体とは何か?を紹介していきます。

 

ビタミンC誘導体ってなに?

 

さっそく本題!ビタミンC誘導体とはなにか?
簡単に言うとビタミンC誘導体は、皮フなどに取り込まれるとビタミンCに作り変えられる成分のこと。
ビタミンCになる一歩手前の成分といえばわかりやすいかもしれませんね。

ビタミンCの美容効果などを壊さないように、人工的に手を加えた成分がビタミンC誘導体。
お肌に浸透しやすいようになっていたり、化粧水やクリームなどに混ぜても成分が変化しないようになっています。

もちろんビタミンCの作用はそのまま!なので、美容効果はしっかりあります。
むしろ普通のビタミンCに比べて浸透が良くなっているので、効果が出やすくなるというメリットがあります。

 

▼ 普通のビタミンCってなに?

そもそも普通のビタミンCはって何?って話ですよね。
レモンやフルーツ、野菜などに含まれていビタミンCは、自然界に存在する成分でピュアビタミンCと呼ばれています。
ちょっと難しく言うと水溶性ビタミンで還元性を持つ、L-アスコルビン酸という成分。

人の体内では合成できないので、食物などからでしか取り入れることができません。
ビタミンC誘導体とは違って人の手が加えられていない成分が、ピュアビタミンCです。

ここではわかりやすいように普通のビタミンCは、ピュアビタミンCと呼んでいきます。

 

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体の違い

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体はどう違うの?
ピュアビタミンCのほうが自然な成分だから肌にいいんじゃないの?と思いがちですよね。

実はピュアビタミンCは、とってももろくて壊れやすい成分。
空気に触れるとすぐに酸化してしまうので、肌に浸透する前にどんどん効果がなくなってしまいます。
またもともとの分子のサイズが大きいので、肌に浸透しにくいというのもデメリット。

スキンケアのコスメなどにピュアビタミンCが配合されていたとしても、配合されている量がとっても濃くないと美容効果はあまり期待できないかも…
濃すぎると酸性が強くなってしまい肌への刺激が強くなってしまいます。
酸化しやすいのでコスメの保存にも気を使わないといけませんね。

一方、ビタミンC誘導体はピュアビタミンCに比べて酸化しにくく安定している成分です。
改良されているので、分子も小さく肌に浸透しやすくなっています

安定している成分なので、保存方法などもピュアビタミンCに比べて気を使わなくて◎
肌への刺激も少なくなっているので、敏感肌の方にも安心です。

 

ビタミンCの特徴を理解して使い分け!

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体の違いははっきりしましたか?

なんだかビタミンC誘導体はすごい!ピュアビタミンCはダメ!という印象を持ってしまった方もいるかもしれません。
たしかに今までの説明だとそう思ってしまいますよね。

でもピュアビタミンCにはピュアビタミンCの良さ、ビタミンC誘導体にはビタミンC誘導体の良さがあるんです。

肌に浸透しやすくて安定しているビタミンC誘導体はお肌に塗るスキンケアとして。
自然に存在している成分のピュアビタミンCは、フルーツなどから食べて摂取

ピュアビタミンCとビタミンC誘導体それぞれの特徴を知って、より効果が出やすい方法で摂っていきましょう(^^)/